研究会・研修会カレンダー

12月23日(土)開催の研究会・研修会

中部/東海
愛知県

(特活)NIED・国際理解教育センター 国際理解教育講座2017〜テーマ編〜 第4回 平和

テーマ過去と未来をつなぎ、平和をつくる私たち

多様な立場に生きる私たちが、安心・安全に生きる社会をつくることは、本当に可能なのでしょうか。
*全4回スケジュール:第1回9月30日「生物(?)多様性」、第2回10月14日「コミュニケーション」、第3回11月19日「自己実現できる社会」、第4回12月23日「平和」

開催期間 12月23日(土)
会場 名古屋市・本山シェアオフィス共有スペース
詳細 〒464-0032 名古屋市千種区猫洞通5-21-2 ライフピア本山3F
(特活)NIED・国際理解教育センター 川合
TEL 070-5333-5566
FAX 052-781-5779
HP http://blog.canpan.info/nied/archive/253
参加費 各回5,500円(前納4,500円)/定員 各回16名/要申込(NIEDのHP参照)
中部/東海
愛知県

読みの研究会 学習会

テーマこうすれば国語の授業で「主体的・対話的で深い学び」を実現できる

説明文・論説文の授業で「主体的・対話的で深い学び」を実現する/物語・小説の授業で「主体的・対話的で深い学び」を実現する

開催期間 12月23日(土)~12月24日(日)
会場 名古屋市・日本福祉大学 名古屋キャンパス
詳細 読み研(「読み」の授業研究会)
HP http://www.yomiken.jp/
参加費 5,000円/要申込(読み研HP参照)
関東
東京都

一般財団法人語学教育研究所 基礎講座2017「英語の授業は英語でアクティブに─中学でも高校でも─」第2回

テーマ導入から言語活動まで(文法事項中心)

1つの新出文法事項を習得させる指導手順を導入から練習、言語活動まで通してやっていく。音声中心の活動になるが、readingや writingへもつなげていく。中学校ではよく行われる活動であるが、高等学校でのコミュニケーション活動のヒントにもなる/講師:東京都江戸川区立瑞江第三中学校・大内由香里

開催期間 12月23日(土)
会場 東京都荒川区・語学教育研究所研修室
詳細 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里6-36-13 サザンパレス西日暮里102
一般財団法人語学教育研究所 石田
TEL 03-5901-9214
FAX 03-5901-9215
HP http://www.irlt.or.jp/
参加費 一般5,000円/定員 20名/要申込(「語研基礎講座」)
関東
東京都

国語科授業づくり研究会(KEN研) 国語科 授業づくり研究セミナー(KJS 第10回記念大会)

テーマ「豊かな学び」のある授業をどうつくるか─新学習指導要領とこれからの国語科授業─

授業趣旨説明「『読むこと』の単元における授業づくり」授業者:東京学芸大学附属小金井小学校・大塚健太郎/公開授業(1年生授業提案『どうぶつの赤ちゃん』)/授業協議会/鼎談「豊かな学びのある授業とは─新学習指導要領を見すえて─」東京学芸大学准教授・中村和弘、東京都昭島市立拝島第二小学校長・前田元、大塚健太郎/講演「豊かな学びを考えるこれからの国語科授業(仮)」中央大学特任教授・笠井正信

開催期間 12月23日(土)
会場 東京学芸大学附属小金井小学校
詳細 〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
東京学芸大学附属小金井小学校内
国語科授業づくり研究会(KEN研) 大塚
TEL 042-329-7823
HP http://bit.ly/2xaWyZl
参加費 2,000円(含資料代)/事前申込(上記HPで/当日受付可)
関東
東京都

一般財団法人NHK放送研修センター 2017年冬休み 先生のためのことばセミナー

テーマ話す・聞く・読む アクティブラーニングにかかせない「ことば力」を鍛える

【基本コース】「話す」・「読む」トレーニング/【応用コース】6つのうち1日1コースを選択(「話し合う力」をはぐくむ・「聞く力」を伸ばす・こころに届く「スピーチ」・「発表力」を鍛える・「共通語」─発声と発音─・「範読力」を高める)/講師:経験豊かなアナウンサーが担当

開催期間 12月23日(土)~12月28日(木)
会場 東京都世田谷区・NHK放送研修センター
詳細 〒157-8520 東京都世田谷区砧1-10-11
一般財団法人NHK放送研修センター 先生セミナー事務局
TEL 03-3415-7121
FAX 03-3415-2660
HP https://www.nhk-cti.jp/
受講料 1日講座10,800円・2日講座19,440円(複数受講割引10%あり)/要申込(NHK放送研修センターHPで)
関東
東京都

ELEC同友会英語教育学会 オーラルアプローチ研究部会 名和雄次郎先生特別講演会

テーマOral ApproachからSummary Makingへ、わたしの迷走

講演「Oral ApproachからSummary Makingへ、わたしの迷走」拓殖大学名誉教授・名和雄次郎

開催期間 12月23日(土)
会場 東京都品川区・文教大学付属中学・高等学校
詳細 ELEC同友会英語教育学会 宮崎
Eメール bigtree923@hotmail.com
参加費 無料/事前申込(Eメールで/当日受付可)
関東
東京都

新しい道徳教育を考える会 第26回(平成29年度)冬季道徳授業研究集会

テーマ子供と共に創る道徳の授業─自ら考え学び合う展開の工夫─

公開授業(6年)指導者:東京都江戸川区立二之江第二小学校指導教諭・時枝智美/シンポジウム「自ら考え学び合う展開の工夫」シンポジスト:時枝智美、東京学芸大学附属小金井小学校教諭・遠藤信幸、埼玉県和光市立第五小学校教諭・古見豪基、コーディネーター:元八洲学園大学教授・生越詔二/講演「道徳科の指導と評価」元帝京教職大学院准教授・清水保徳

開催期間 12月23日(土)
会場 東京学芸大学附属小金井小学校
詳細 〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
東京学芸大学附属小金井小学校内
新しい道徳教育を考える会事務局 遠藤
TEL 042-329-7823
FAX 042-329-7826
Eメール jedien@ugakugei.ac.jp
HP http://www5c.biglobe.ne.jp/~new/
参加費 1,000円(資料代ほか)/要申込(郵送・FAX・Eメールで)
中部/北陸・甲信越
石川県

金融広報中央委員会/石川県金融広報委員会 2017年度金融教育フェスタ「先生のための金融教育セミナー」

テーマ児童、生徒や学生にお金との正しい関係を伝え、現実社会を生きる力を育むために、金融教育について考える

基調講演「次期学習指導要領の下での金融教育」文部科学省教科調査官・樋口雅夫/実践発表・ワークショップ1「郷土の産業の歴史を学び、より豊かな地域づくりを考える」東京都教職員研修センター東京教師養成塾教授・小林巧/実践発表・ワークショップ2「自分たちで栽培したお米を使ったお菓子を企画・販売しよう─6次産業化を意識した起業家教育─」春日部市立中野中学校教諭・小谷勇人/実践発表・ワークショップ3「『これであなたもひとり立ち』指導用電子教材を使った金融教育の進め方」 『これであなたもひとり立ち』執筆者・渡邊祐子

開催期間 12月23日(土)
会場 石川県金沢市・金沢商工会議所
詳細 金融教育フェスタ事務局
TEL 0120-955-972
FAX 03-6820-8230
Eメール seminar@festa2017.jp
HP https://www.festa2017.jp/
参加費 無料/要申込(上記HP参照)
近畿
兵庫県

武庫川女子大学教育研究所 「特別の教科 道徳」全面実施 直前緊急フォーラム

テーマレッツ・スタート!「特別の教科 道徳」─準備OKへの確認と確信を─

講演「『特別の教科 道徳』の求める理念と授業と評価」武庫川女子大学教授・押谷由夫/実践事例発表:「社会的課題に応えるユニット型道徳学習」園田学園女子大学非常勤講師・植田清宏、「学級経営の基盤となる道徳授業を子どもたちと創る」堺市立西陶器小学校教諭・彦阪聖子/語り合いの時間:「『特別の教科 道徳』にいかに取り組めばよいのか―教科書の使い方、多様な指導方法、評価の工夫など─」押谷由夫、植田清宏、彦阪聖子ほか

開催期間 12月23日(土)
会場 兵庫県西宮市・武庫川女子大学教育研究所3階306教室
詳細 武庫川女子大学・教育研究所 押谷研究室
TEL&FAX 0798-45-9786
Eメール oshitani@mukogawa-u.ac.jp
HP http://www.mukogawa-u.ac.jp/~kyoken/
参加費 無料/要申込(FAXかEメールで/教育研究所HP参照)

研究会・研修会カレンダー

  • 背景が色の日には研究会・研修会が登録されています。クリックして詳細をご覧下さい。
  • 過去10日以内に更新があった日付は、色の背景で表示されます。
  • 日程・内容などに変更が生じる場合もあります、必ず事前にお問い合わせ先にご確認ください。

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
小学館

雑誌定期購読お問い合わせ画像使用・著作権小学館のプライバシーステートメント

© Shogakukan Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。"