小学館ファミリーネット 2017年度小学一年生モデル

小学館ファミリーネット

第8話
「ラグビーにも挑戦」

季節が変わる。桜はいつのまにか散り、夏が訪れ、大好きな夏休みがやってきた。

汐入(しおいり)小学校の子どもたちはチームをいくつかつくり、お互い同士で試合を重ねていた。いくつ勝ったとか、負けたとか。だれがトライしたとか、だれがアシストしたとか。

それはそれで楽しかったけれど、アヤカは知らないチームと試合をしたくなった。おじさんこと鈴木雅夫にこぼしたことがある。

「タグの大会があったら、わたしたち優勝できるの?」

「当然、できるよ。だって、アヤカたちってメチャクチャ強いじゃん」

「じゃ、大会にでたい」

おじさんはラグビーの神奈川県協会や横浜外国人クラブの『YC&AC』にかけ合って、大会を開いてもらうことができた。

汐入小学校の子どもたちは『汐入タグクラブ』と名乗った。他にはタグラグビーをやっているチームはなかったので、横浜や相模原のラグビースクールのチームが参加した。

オトコの子とオンナの子、半々の汐入タグクラブはつよかった。オトコの子たちだけで固めたラグビースクールのチームをコテンパにやっつけた。負けたチームのデブっちょのオトコの子から、こう言われた。「ぼくたち、タックルありのラグビーなら、こいつらボコボコだよね」

これに闘魂(とうこん)のかたまりのようなアヤカはカチンときた。もう一回、言ってみな。じゃ、ラグビーで勝負してやるよ、と。

「おじさん、わたしたち、ラグビーでも負けないよね」

「タックル、あるよ。あぶないよ」

「いいよ。やる。やる。タックルありのやりたいんだ」

「でもアヤカ、タックル、できるの?」

「簡単じゃん。タグは止まってとらないといけないけれど、タックルはそのままぶつかっていいんでしょ」

「そうだよ」

数週間後、アヤカたちは「YC&AC」のクラブに登録する。まずはタックルの練習だ。おじさんはこう教える。

「相手の顔を絶対、見ちゃだめ。へそを見るんだ。いつもタグがついている部分に思い切ってぶつかってごらん。気持ちいいよ〜」

腰のあたりへ。ガンと肩から入るのではなく、両手で相手にしがみつくようにする。どこかを必死でつかめば、おおきなオトコの子でもたおれた。

おじさんからは、「タックルは勇気だ」と教えられた。たった一回、勇気を出してごらん。勇気、じつにいいひびきだ。勇気をふりしぼっていけば、どんなタックルでもコワくなかった。一回できれば、次もできた、何回でも。

記念すべき試合が1998年9月13日だった。場所が横浜のYC&ACクラブ。雨上がりでグラウンドはぬかるんでいた。

小学校3年生のアヤカや健太郎たちは、ミニラグビーのチームに入れてもらった。ジャージーがひと昔前の日本代表のそれとそっくりの赤色と白色の横しまもようだった。

アヤカはいきなり、トライした。ゆかいな記憶がよみがえる。

「地面がどろんこで“サイアク”って思いながらやった。ははは。ルールはほとんど、わからなかった。なんだか、まったく恐怖感もなく、あっという間に勝ってしまった。こんなのでいいの、っていうカンジ。ボールを持って、相手にさわらせずにスルスル走ったの」

快勝だった。タックルだって、健太郎がしがみついたところを狙って、相手のわき腹にズドンとつっこんだ。決勝では、優勝候補の横須賀スクールと引き分けた。

おおきな拍手を浴びながら、YC&ACの監督にほめてもらったことを覚えている。これでラグビーも楽しくなった。

アヤカたちは平日にタグラグビー、週末にはミニラグビーをするようになる。汐入の子どもたちはどちらもつよかった。

ミニラグビーの試合では、両チームが最初にセンターラインのところに整列する。汐入の子どもたちはラグビースクールの子どもたちより頭ひとつ分、いやふたつ分、小さかった。それでも試合では負けなかった。

おじさんこと鈴木雅夫の回想。

「ラグビースクールの子どもたちがトライをとるパターンは、アヤカたちオンナの子たちのところにドーン、ドーンと2回、3回とあたっていく。力でもぎとる。でもアヤカたちは、タグラグビーみたいなんです。タックルされても、どんどんボールをつないでいく。あるいは相手にからだをさわらせないで走っていくのです。いっつもトライの山です」

汐入チームの快進撃がつづく。アヤカが不敵な笑みを浮かべる。

「なんといってもオトコの子に勝てるのがうれしかったなぁ」

第9話に続く

「ラグビーガールズ」トップへ

【ラグビーガールズ 鈴木彩香】横浜・山手にある横浜YCラグビースクールに入校(3列目左端がアヤカ)
▲横浜・山手にある横浜YCラグビースクールに入校
(3列目左端がアヤカ)
※画像をクリックすると拡大します。

【ラグビーガールズ 鈴木彩香】横浜YCラグビースクールのグラウンドで(前列左から4番目がアヤカ)
▲横浜YCラグビースクールのグラウンドで
(前列左から4番目がアヤカ)
※画像をクリックすると拡大します。

【ラグビーガールズ 鈴木彩香】ラグビーの試合でも大かつやく!(ボールを持って走っているのがアヤカ)
▲ラグビーの試合でも大かつやく!
(ボールを持って走っているのがアヤカ)
※画像をクリックすると拡大します。