小学館ファミリーネット 2017年度小学一年生モデル

小学館ファミリーネット

第10話
「けがにも負けない」

ミニラグビーは安全だけれど、ときにはケガを負うこともある。いたみをガマンしなければいけないときもある。

アヤカには忘れられない一日がある。

2001年。小学校6年生の秋の終わりのことだった。東京の武蔵野陸上競技場(むさしのりくじょうきょうぎじょう)。おじさんこと鈴木雅夫(すずき・まさお)に連れられ、その長男の健太郎たちとミニラグビーの大会に出場した。

「もう絶好調で、トライをたくさんとった。すごく活やくしたんです。たぶん、それで相手チームから目をつけられたんじゃないかなぁ…」

3試合目だった。ボールをパスした瞬間、相手チームのデブっちょのオトコの子がドン!とぶつかってきた。そのままたおれ、そのデブっちょのオトコの子は、アヤカのからだの上にドスンとのっかった。

ズキンと左足に痛みがはしった。足首のひどいねんざだった。立ち上がろうと思っても、痛くてすぐには立ち上がれない。

タイム。うずくまって泣いていたら、おじさんが寄ってきた。

「どうした?」

「足が痛いんです」

「どうする。やるのか? やめるのか?」

アヤカはカチンときた。やる。やるにきまっている。このまま退場したら、おじさんに負けることになる。相手にも、自分自身にも。そんなのイヤだ。

「やります」

少し氷で患部(かんぶ=ケガをしたところ)を冷やし、その試合は足を引きずりながらプレーをつづけた。

おじさんの述懐(じゅっかい)。

「アヤカは、もう、鬼のようにトライをしました。ケガのあと、5トライくらい。相手をかわして、かわして。ホント、ケガしているのかな?って不思議になるくらい」

ノーサイド。試合が終わると、ケガをさせたデブっちょの母親がおじさんにあやまりにきた。「活躍している子だったのに、大丈夫ですか?」。

なんだ、このおばさんは? 正直、アヤカはムカついた。そのおばさんの言葉に、なえかけていた闘志にさらに火がついた。

左足首をテーピングでガチガチに固定して、もう2試合に出場した。

「なにくそ、みたいな、火事場のバカ力です。アドレナリンが出たんですね。2試合ぐらい、ちゃんと動けました」

大会が終わる。汗が止まると、からだが冷えてきた。左足首はまだズキンズキンと痛む。アヤカはこん色のベンチコートを着て、競技場の外のバス亭までヒョコヒョコ歩いていた。

オレンジ色の西日がまぶしかった。そのとき、初老の夫婦がアヤカにちかづいてきた。おばあちゃんがやさしい声をかけてくれる。

「足、大丈夫なの?」

「ちょっと痛むけど。へっちゃらです」

「ははは。あなたのプレーを見て、すごい元気をもらったわ」

おじいちゃんが続く。

「そうだ、そうだ。あんたのファンになったよ」

知らない人から、こんな声をかけてもらうのは初めてだった。冷たい風がほおに心地よかった。アヤカはそのときの初老夫婦のうれしそうな顔を思い出す。

「ウワーッて、感動ものでした。わたしのプレーをみてくれる人がいたのがうれしくて、うれしくて」

宝物のような一日だった。それからだ。アヤカは試合でいっそう、ハッスルするようになった。一生懸命(いっしょうけんめい)にプレーすれば、チームメイトだけでなく、知らないだれかも感動してくれる。おうえんしてくれる。そう思うと腹の底から不思議なパワーがわきでてくるのだった。

ただ、である。武蔵野陸上競技場の試合でのケガから、左足のねんざはクセになった。よく、同じ場所を痛めるようになったのだ。

つづきは単行本でお楽しみください。

「ラグビーガールズ」トップへ

※写真は本文とは関係ありません。【ラグビーガールズ 鈴木彩香】
※写真は本文とは関係ありません。
※画像をクリックすると拡大します。

▲赤いジャージーの左から3人目がアヤカ。※写真は本文とは関係ありません。【ラグビーガールズ 鈴木彩香】
▲赤いジャージーの左から3人目がアヤカ。
※写真は本文とは関係ありません。
※画像をクリックすると拡大します。