小学館ファミリーネット 小学一年生

小学館ファミリーネット

作者の日記


2007年6月20日(水)
健康(けんこう)にいいんだそうである。何がどういいのか知らんけど、売れてる、はやってる、と言われてる5本足ソックス。
なんかオヤジっぽいつーか、オシャレじゃないので、避(さ)けてたんだけど、ついに買ってしまった。
さっそく履(は)いてみる。
あれ、もしかして食わずぎらいっつーか、履(は)かずぎらい?
思ったよりいいかも。
今日は、わたしたちの5本足ソックスデビューの日です。
ん、5本足???
2007年6月24日(日)
近所(きんじょ)の文具店(ぶんぐてん)の店先に七夕(たなばた)かざりが立ててあります。
「アイドルになりたい。」
「元気な赤ちゃんがうまれますように。」
「アトピーがなおりますように。」
みなさん、いろいろ書いてます。わたしたちも書いてみましょうか。
「まだ、確(たし)かめてないけど、わたしの年金(ねんきん)にはまちがいがありませんように。」
「ゆたかな老後(ろうご)をむかえたい。」
…夢(ゆめ)がないねえ。

2007年5月12日(土)
あしたは母の日です。デパートに行った帰(かえ)りのバスの中、母の日のプレゼントらしき包(つつ)みを持(も)った人もちらほら。
わたしたちの後(うし)ろのシートにすわっていた若(わか)いお母さんと4歳(さい)の女の子の会話(かいわ)。
「ばあばに、カーネーションを買って来るの忘(わす)れたね。」
「もどるのママ?」
「ふつうのきれいなお花屋(はなや)さんはないけど、近所(きんじょ)で買っちゃおうか?」
あのー、ふつうでない花屋って…
その会話、花屋さんに失礼(しつれい)じゃないかい?
2007年5月21日(月)
2005年6月の作者の日記をおぼえていますか?
おぼえてるわけないよね。わたしたちだって忘(わす)れてたもん。わはは
世界一(せかいいち)の激辛(げきから)トウガラシ、「ハバネロ」の種(たね)をまいた月です。植物(しょくぶつ)を育(そだ)てることがヘタクソなわたしたちは、1ヶ月後枯(か)らしてしまいました。とほほ{死語(しご)}です。
でも、でも、今年はなんとなくうまくいきそうな気がする!
今年のハバネロちゃんは元気! 根性(こんじょう)ある。がんばってね。


Copyright ©室山まゆみ