小学館ファミリーネット 小学一年生

小学館ファミリーネット

作者の日記

 
2012年3月13日(火)
お風呂場(ふろば)の防水(ぼうすい)ラジオがぶっこわれました。
某(ぼう)大型(おおがた)電器屋(でんきや)にラジオを買いに行く。
ついでにデパ地下で買い物(かいもの)。
これはなにーっ、何事(なにごと)がおこったの、夕方6時のデパ地下、それもケーキ売り場が黒い、てゆーか地味(じみ)なスーツのオジサンが山盛(も)り。
ケーキ売り場っていつもは8割(わり)女子でしょ。
あっ、あしたホワイトデーだ。
みなさん義理(ぎり)チョコもらっているので。
2012年3月18日(日)
雨です。狭(せま)い歩道です。
オバサンはカサを少しかたむけます。
人とすれちがうとき、お互(たが)いにカサをかたむける「カサかしげ」は日本人の美(うつく)しい習慣(しゅうかん)です。
わたしにいわせりゃ常識(じょうしき)です。
すれちがった若い女、人の頭にいやってほどカサの先ぶつけてシカトかよ。
「死(し)ねや、おまえ」心の中で下品(げひん)なつぶやきをしてしましました。
 
2012年2月18日(土)
さむい、ただもうさむい。
ベッドからはい出して
「さむいねー」
仕事(しごと)場のマンションで、
管理人(かんりにん)さんに
「さむいですね」
エレベーターに乗(の)りあわせた人に、
「きょうはさむいですね」
買物(かいもの)に行って、
いつものレジのおばちゃんに
「さむいですね」
仕事場から自宅(じたく)へもどる途中(とちゅう)も
「うーさむい、うーさむい、さむい」
きょう「さむい」以外(いがい)の日本語しゃべってないじゃん。
2012年2月20日(月)
道路(どうろ)にキラリと光るもの、1円を笑(わら)うやつは1円に泣(な)く。
わたし(まゆみ)は、自慢(じまん)じゃないが落(お)ちている小銭(こぜに)を見逃(のが)したことがない。
最近(さいきん)は落(お)ちてないなー、小銭。
と思ったら100円めっけ!
しかし、道路の側溝(そっこう)というか、10センチはばくらいで、深(ふか)さもさしてないんだが、ステンレスの格子(こうし)がはまってんだよね。
あれって歩道の雨水受(う)け?
この中の100円は手じゃ取(と)れない。
これを見逃すのは、人生哲学(じんせいてつがく)に反(はん)するなぁ。


Copyright ©室山まゆみ