小学館ファミリーネット 2017年度小学一年生モデル

小学館ファミリーネット

トップ > 単行本『12歳の文学』 > 『12歳の文学 第一集』
単行本 12歳の文学
12歳の文学





12歳の文学


小学生が書いた小説と、当代を代表するクリエーターとのコラボレーションを一冊に詰め込んだ豪華な一冊

B5版/定価1,500円+税 ISBN:978-4-09-289711-3


「書いている楽しさがストレートに伝わってくる。本当にすごい」(重松清)

「近い将来、私の立場を脅かす恐れすら抱かせる才能!」(あさのあつこ)

「あの頃の私の想いが、12歳の手によって切実に描かれています。」(上戸彩)

「天才ですね。爆笑しました。
このままのやわらかい脳みそでどんどん書いてほしいです」
(中川翔子)

「「書くこと」や「読むこと」の大切さ、世界一繊細な日本語の「美しさ」を
感じることができました。」
(市川染五郎)

「この本が、世代を超えて世界の不思議さについて心を通わせる
一つのきっかけとなってくれたらと思う。」
(茂木健一郎)

受賞作品の挿絵は、藤原新也、100%ORANGE(新潮Yonda?文庫)、
コンドウアキ(リラックマ)、南Q太、はまのゆか(「13歳のハローワーク」)、
森まさあき(とんねるずのガラガラへび)など!

『世界の中心で、愛をさけぶ』装丁写真・木村伊兵衛賞受賞の写真家川内倫子が撮る 「12歳作家」の素顔

あさのあつこ × 大賞「月のさかな」作者 対談

西原理恵子が大賞「『明太子王国』と『たらこ王国』」作者の家に突撃!

市川染五郎、品川佑(品川庄司)、みうらじゅん、中川翔子、生協の白石さん、
名越康文…著名人が大賞作品を読む

上戸彩が演じる"上戸彩賞受賞作"「夏時計」 / 上戸彩×「夏時計」作者 対談

特別寄稿・茂木健一郎「12歳の文学の触れ方」

あさのあつこ、重松清、西原理恵子、樋口裕一審査員座談会 ~12歳文学の未来~

あさのあつこ 書き下ろし短編「夏を見上げて」

石田衣良、片山恭一など人気作家が伝授"12歳のための小説入門

装丁は、「ku:nel」のアートディレクションなどで人気の有山達也。

松井秀喜から「12歳作家」のきみへメッセージ

オンラインショップでのご注文はこちらから!
単行本『12歳の文学』
おすすめコンテンツ
第10回授賞式の模様
第九回授賞式の模様
第八回授賞式の模様
第七回受賞者のコメント
工藤みのりさん特設ページ
廣瀬楽人くん特設ページ
宮井紅於さん特設ページ
三船恭太郎『12歳の空』特設ページ


読売KODOMO新聞プラス