小学館サイト 学年誌サイト 12歳の文学賞サイト
12歳の空 三船恭太郎 12歳の空  各章の始めが今すぐ読める!
小学生が書いた史上初の本格派小説単行本
第二回「12歳の文学賞」で大賞を受賞した小学生・三船恭太郎くん。
破天荒な同級生との友情と別れを、笑いあり、涙ありに描いたエンターテイメント小説は、
審査員に「三島由紀夫レベルの早熟さ」と言わしめた驚異の完成度でした。
そんな三船くんが、受賞後も着々と次回作を書き続け、ついに300ページにも及ぶ大作が完成!
小学館より、史上初の小学生作家としてついにデビューしました!

全国書店にて、大好評発売中!!

広い広い宇宙のような無限の可能性と夢や希望を感じました。市川染五郎 今、ここにある「生きる」という軌跡の姿。大人が忘れかけていた人生の真実を、小学生が教えてくれた。茂木健一郎
12歳の空 試し読み
宮井紅於さん特設ページ 12歳の文学賞 メールマガジン