Chapter 4
みんなが安心 最新安全・防犯グッズはこれ!

小学生になると、子どもだけで行動する機会が増え、行動範囲も幼稚園のころに比べて広がります。安全・防犯面で考えると、その分不安も募ることになります。そこで活用したいのが、安全・防犯グッズの数々。様々な種類や最新機種の機能をチェックして、賢く使いこなしましょう。

【防犯ブザー編】

防犯ブザーの選び方と使い方――大事なのは操作しやすさと普段からの練習

防犯ブザーの役割は、周囲に危険を知らせることと、不審者をたじろがせて逃げるチャンスを作ることです。有効に使いこなすためには、購入前にじっくりチェックして選ぶことと、身につける方法や使い方をしっかり理解することが大切です。

【選ぶときのポイント】
【1】音の大きさ
ブザーの音量は大きいに越したことはありません。最近では、90dB、100dBといった大音量のモデルも増えています。85dB以上を基準に、危険信号だとわかりやすい音の防犯ブザーを選びましょう。
【2】操作しやすさ
ブザーの鳴らし方は、機種によってさまざまです。リングのついたひもを引いたり、ボタンを押すなどの方法が多いですが、いずれのタイプでも子どもが操作しやすいかどうかを最優先に選んでください。
【3】持ち歩きやすさ
防犯ブザーは、常に持ち歩いてこそ効果を発揮するものです。そのためには軽量・コンパクトであることが重要です。同時に、ランドセルやベルトなどへの取り付けやすさもも見逃さずにチェックしましょう。
【4】壊れにくさ
常に持ち歩くからこそ、乱暴に扱ってしまったり、気づかないうちに衝撃を与えてしまうことも多くなります。それだけに壊れにくさ、頑丈さにはこだわりましょう。防水、防滴加工の機種なら、なお良いでしょう。
【5】音の止めにくさ
防犯ブザーを鳴らしたとしても、不審者にすぐ止められてしまっては、危険を回避できない可能性も出てきます。音の止め方が、すぐにはわからない仕組みになっているものが、より安全です。
【使うときのポイント】
【1】ブザーを鳴らしやすい場所につける
ランドセルの肩ベルトのように、いざという時に鳴らしやすい位置につけましょう。右利きの子どもは左側につけると鳴らしやすくなります。登下校時だけでなく、遊びに行くときも忘れずに。ウエストのベルトなどに取りつけると鳴らしやすくなります。着替えのときにつけ忘れないようにしましょう。ただし、ブザーを長いひもでランドセルや首から下げるのはNG。襲われたときにひもが揺れ、鳴らしにくく、ひもで首をしめられる危険性があります。
【2】使い方を練習しておく
とっさの時にブザーを鳴らすのは、簡単ではありません。親が不審者役となり、シミュレーションしてみましょう。子どもがブザーを押し、逃げられるよう訓練します。
【3】こまめに点検しておく
電池が古くなると、音量が小さくなります。定期的に鳴らし、電池のチェックをしましょう。ブザーの故障にも気をつけ、きちんと作動するかを確認することも必要です。
GPS防犯ブザー mamorino

GPS防犯ブザー mamorino(マモリーノ)

料金:詳しくはauお客様センター(0077-7-111)にお問い合わせください。

GPSで子どもの居場所がすぐ分かる!
ブザー・電話・メール機能もついている

GPSつき防犯ブザー。ブザーは100dBの大音量。防犯ブザーを鳴らした場合は自動的にセコムから保護者に連絡が入り、要請により緊急対処員が現場に急行します。また、GPS機能により、いま現在子どもがどこにいるのかを確認可能。ネット接続やゲーム機能はついていないため、「携帯電話は持たせたくないけど、安全かどうかは確認したい」親向け。登録した4件までの連絡先(父・母・学校など)に対し、電話・メールをすることが可能。

【体験レポートへ】

ドラえもん防犯ブザー

ドラえもん防犯ブザー

料金:2000円(税込み)

本体を引っ張るだけで大音量、操作が簡単!

衝撃吸収剤で電子回路を覆っているので、衝撃のダメージを最小限に! 簡易防滴機能つきで通学時の雨も安心。90dBの大音量は、止め方を知らない人には止められない仕組み。

【体験レポートへ】

■防犯ブザーを使うために…こんなグッズも!
光る防犯ブザーつりつり2

光る防犯ブザーつりつり2

料金:630円(税込み)

これで夜も安心して歩ける

筒状の布をランドセルの肩ベルトに通し、マジックテープで留めて使用。布についているフックにブザーを取り付けると、子どもの手のとどくところにちょうどブザーがくるため、いざというときに使いやすい。また、布は反射テープつきで、暗いところでも目立つ仕様となっている。

【体験レポートへ】

ランドセル用防犯ブザー携帯中ステッカー

ランドセル用「防犯ベル携帯中」ステッカー

料金:262円(税込み)

後ろにもしっかりアピール

ランドセルの蓋に貼ることで、防犯ベルの携帯をアピール。直径8cmの蛍光色で目立ちやすい。

【体験レポートへ】

【その他編】

セーフティー黄交通安全帽

セーフティー黄交通安全帽

料金:6279円(税込み)

刃物にも耐える安全帽子

帽子の内部に、文部科学大臣賞を受賞した「耐刃防護生地」(カッター等の刃物で切れにくい)や「セル材」「クッション材」を使用した安全な帽子。転倒時等の不慮の事故より頭部を保護し衝撃を緩和するとともに、刃物による犯罪より頭部を保護する。見た目は普通の帽子と変わりがない。男の子用、女の子用、両方あり。

【体験レポートへ】

防犯用カラーボール 〔L 2個入り〕

防犯用カラーボール 〔L 2個入り〕

料金:4,410 円(税込み)

いざという時に投げて

コンビニなどにも置いてある「カラーボール」も子どもの安全のオプションに。もしもの時にサッと投げて犯人に目印となる塗料がつけられる。命中率が高いLサイズ。

LEDアームバンド

LEDアームバンド

料金:924 円(税込み)

これで夜道を歩くときも安心

マジックテープを腕に巻きスイッチを押すと、4つのLEDが点滅する。学校や塾帰りに便利。