Column
子どもの安心コラム

第3回:
「防犯ブザー 犯罪者に対する抑止力あるも、普段からの練習が大事」

いよいよ小学校の入学準備も始まったかと思いますが、子どもたちが広い世界に飛び出すわけですから、安全面が心配ですよね。新一年生の間は授業時間も短く明るいうちに帰宅することが多いと思いますが、ごの家庭の事情によっては放課後学童保育に通わせたり、習い事があったり…と帰宅時間が遅くなることもありますね。

万が一の時のために、ぜひ防犯ブザーを持たせたいものです。防犯ブザーを付けているだけで、犯罪者に対する抑止力にもなります。

通学時は目立つようにランドセルの横に付けておくのが一般的のようですが、習い事や遊びに出かけるなどランドセルを置いて出かける際には持ち歩けるよう、取り外ししやすくしておきたいですね。

防犯ブザーはお住まいの地域によって、新入学時に学校を通じて一斉に購入するところや、入学祝いとしてPTAから贈られるところ、個々の判断で持たせるかどうか任せているところ…と事情はさまざまのようです。

最近は100円均一ショップなどで安価な物も売られていますが、これから購入するのであれば全国防犯協会連合会の規定を満たしている「優良防犯ブザー」の推奨商品をお勧めします。音の大きさの基準や、子どもにとって危険な部品はないか…などの基準が設けられています。

いずれにせよ、防犯ブザーは「いざという時」にきちんと使えるかどうかが大切。手に入れたらお子さんと使い方を練習しておきましょう。

また、時々点検して、電池切れや故障していないかの点検もお忘れなく。いざ使おうとした時に音が小さかったり鳴らなかったりしたら、何の役にも立ちませんものね。

文/いちばゆみ

※おすすめ防犯ブザー:マモリーノ(KDDI)

GPS付き防犯ブザー機能がついていながら、3か所とだけ電話ができ、インターネットはできない。「子どもが心配だから携帯電話は持たせたいけど、余計なサイトにアクセスしてほしくない…」といった親御さんの心配を解決します。

【 子どもの安心コラム トップへ 】