総合教育技術11月号増刊

図解でマスター!
実践学校カウンセリング2016

2016年10月15日発売
定価:1,550円(税込)

キーワードは「合理的配慮」と「チーム学校」

「子どもたちが抱える多様な悩み」に適切に対応、援助するために、いま学校に何が必要なのか?がわかる1冊です。

○子どもの悩み・問題にどう対応するか
1.いま、子どもたちはなにをどのように悩んでいるか。
2.チーム学校における学校カウンセリングの課題
3.スクールカウンセラーとの協働作業
4.いじめを見ているだけの状況を変えるために

○学校カウンセリングの実践研究48事例
Ⅰ.授業・学習 Ⅱ.人間関係 Ⅲ.問題行動 Ⅳ.発達障害・適応障害 Ⅴ.生き方・キャリア教育 Ⅵ.家庭と地域

続きを読む

○学校カウンセリングの実践に必要な10の技法
①アサーション ②ソーシャル・スキル教育 ③ガイダンス(生徒指導・生活指導) ④クライエント中心療法 ⑤構成的グループ・エンカウンター ⑥認知行動療法 ⑦事例検討会(カンファレンス) ⑧リフレクションに生かすための観察法 ⑨ピア・サポート ⑩ロールプレイング


総合教育技術9月号増刊

U-40世代教師のライフデザイン&オピニオンマガジン

U-40教育技術 Vol.2

若手を育てる × 自分が育つ
”共育”をどう実現する?

8月16日発売
定価:1,300円(税込)

好評につき第2号! 30代~40代前半の教師のための教育技術!

 30代~40代前半を中心とする“U-40(アンダーフォーティ)世代教師”を応援するライフデザイン&オピニオンマガジンの第2弾が刊行されました。
 今号のテーマは、「若手と自分との“共育”」。指導役として若手を育成しつつ、自分自身の学びをいかに深めていくか? U-40世代の永遠の課題ともいえるこのテーマについて、岩瀬直樹氏、大前暁政氏、中原淳氏ら気鋭の教育学者に加え、金大竜先生、伊垣尚人先生、飯村友和先生、西村健吾先生、松尾英明先生、桔梗友行先生など、20名の現場教師がそのアイディアと思いを語ります。
  世代の最前線を行くU-40世代教師の考え方と実践を、あなた自身の“共育”の実現にお役立てください!

続きを読む

【目次】
巻頭提言&インタビュー
U-40世代教育学者に聞く! “共育”はいかにして可能か?

連続寄稿
20名のU-40世代教師が語る「教師としての生き方」
若手を育てる×自分が育つ “共育”をどう実現する?

巻末資料
何を、どこで、どう学ぶか?
U-40世代&若手教師のこれからの学び


小一教育技術8月号増刊

史上最強のアクティブ・ラーニング読本

AL時代の授業&学級づくりを本気で考える。

7月15日発売
定価:1,400円(税込)

5人の最強メンバーが、責任編集!
赤坂真二・堀裕嗣・青山新吾・岩瀬直樹・片山敏郎

豪華執筆陣21名
青山新吾 赤坂真二 秋吉梨恵子 阿部隆幸 岩瀬直樹 大野睦仁 岡田広示 甲斐崎博史 片山敏郎 上條晴夫 川野吏恵 菊池省三 木村明憲 木村泰子 多賀一郎 中川一史 西川純 野口芳宏 堀裕嗣 南惠介 渡部智和 (五十音順)

【巻頭企画】編集委員5名超豪華座談会

【PART1】編集委員5名が、本気で考える。

【PART2】研究者たちが、本気で考える。

【PART3】2人の論者によるAL導入慎重論

【PART4】全国の実践者による提案と授業実践例

続きを読む

「教育技術」誌、今年の8月号増刊は、にわかには信じがたい執筆陣が揃った、この本です。編集委員として、赤坂真二、堀裕嗣、青山新吾、岩瀬直樹、片山敏郎(敬称略)という、目が離せない発信を続ける5名が集結!その他、教育界のオピニオンを牽引する豪華な顔ぶれ計21名に、すべて書き下ろしでご寄稿いただきました。表紙画像の下の方の執筆者リストを、拡大してご覧ください。さりげなく、野口芳宏先生や、木村泰子先生のお名前も!多賀一郎先生も、菊池省三先生も、西川純先生も!「アクティブ・ラーニング本には、もう飽きた…」とお感じの方も、この一冊だけは永久保存版です(通常の雑誌のみでの発行で、デジタル版はありません。品切れにご注意ください)。


総合教育技術7月号増刊

図解でマスター
実践教育法規2016

同志社女子大学特任教授 水本徳明 編著

6月15日発売
定価:1,550円(税込)

アクティブ・ラーニング時代に直結する 教育法規・教育行政の現在を知る

学校の運営に関係する法規上の問題を取り上げ、見開き1テーマ、図解・図説入りで実践的に解説。子どもの貧困やカリキュラム・マネージメント、チーム学校などの最新動向も押さえ、これからの学校教育の展望と課題を探ります。管理職試験や教員採用試験にも役立ちます。

■最新情報 2016教育法規・教育行政の変化を読む
■特別企画 (1)子どもの貧困 (2)地域とともにある学校 (3)チーム学校力 ほか
■図解・図説 現場で役立つ重要テーマ46

続きを読む

【学校制度】
学校とは何か/学校の規模と配置/校長・副校長・教頭の資格と職務/主幹教諭・指導教諭の職務 ほか
【学校運営】
総合教育会議と教育委員会/教育委員会と学校の関係/校務分掌と主任制/学校の自律性と説明責任 ほか
【教育課程】
学習指導要領/指導要録/全国学力・学習状況調査/「特別の教科 道徳」/食育と学校給食/特別支援教育/部活動 ほか
【児童・生徒の指導と福祉】
体罰と懲戒/いじめ防止対策/不登校指導/非行少年と子どもの暴力/外国人児童・生徒の教育 ほか
【学校安全・危機管理】
学校安全の責務と危機対応/学校保健/児童虐待への対応/クレーム対応/教職員の問題行動 ほか
【教職員の勤務および研修】
教員免許制度/教員人事/教職員の服務と分限・懲戒/指導が不適切な教員/教員研修制度 ほか
■巻末企画 教育法規・教育行政の戦後70年 学校現場の重要教育法規 18 ここがポイント!


総合教育技術6月号増刊

平成28年度版

管理職試験
演習問題と対策

管理職試験受験者必携!

5月14日発売
定価:1,550円(税込)

「直前対策問題と解答のポイント」「豊富な記述例による演習問題での論文研究」「法規セミナー」「直接試験の留意点と対策」で、小中学校の管理職試験合格を強力にバックアップ。校長、教頭・副校長をめざす方々の必携書です!

 合格へと導く丁寧・適切な論文指導!

 学習指導要領改訂で注目の最新テーマを網羅!

 教育課題への具体策満載で学級担任も必読!

  巻末には面接試験対策のポイントも収録!


教育技術3月号増刊

2016指導要録

記入のポイントと文例

2月15日発売
定価:1,750円(税込)

すぐ使える文例と、記入のポイントを
わかりやすく解説!

年度末から春休みにかけて、全児童分を一斉に作成しなければならない指導要録。継続的に適切な指導をするための重要な基礎資料であり、外部に対する証明にもなる公簿です。学級担任が適切かつ円滑に指導要録を作成できるよう、本書では、重要なポイントや留意点を具体的に解説しています。作成作業を効率よく進められるように、パソコンで活用できる文例データもご用意しました。


総合教育技術3月号増刊

U-40世代教師のライフデザイン&オピニオンマガジン

U-40教育技術

管理職×生涯現場教師 どちらの道を進む?

2月15日発売
定価:1,300円(税込)

「教師としての生き方」を20名のU-40世代教師が“リアル”と“ホンネ”で激白!

  • 私が管理職の道に進もうと考えた理由の一つが、父の存在です。ある小学校の副校長をしていた父について、ある先生が「あなたのお父さんは本当に立派な方よ。学校が子どもたちにとって安全で楽しい場所になるように、学校全体をよく見て、気づいたら率先して自分から動くのよ」とおっしゃいました。私は、このような姿を示し続けることが、教職員の仕事に対する意識を自然と高めるのではないかと考えます。(東京都・公立小学校教諭・30 代男性)

続きを読む

  • 私が見てきた管理職は、この多忙さの中にもパワフルに仕事をこなしていく方が多く、「どうして、うちの副校長先生は輝いているのか」と私なりによく見ていてわかったことなのですが、その秘密はズバリ「巻き込み力!」です。多様な問題も一人で解決するのではなく、周囲の知恵や知識をフル活用して課題解決しているのです。(東京都・公立小学校教諭・30 代女性)
  • 30 代になって、教育者としての将来に悩んだ時期がありました。その頃、ある管理職の方からこう質問されたのです。「今の学校に、自分の子どもを入学させたいか」と。即答できませんでした。私が理想とする教育観とは、まったく異なる考え方の同僚も、その学校にはいたからです。管理職でなければできない仕事があると感じた瞬間でした。 (北海道・公立中学校教諭・30 代男性)
  • 教頭職を10 年続けたある教師は、校長のイエスマンになるのではなく、校長の意向も、地域や教職員の思いもしっかりと聞き、双方に伝える生き方を選びました。その教師は結局、校長にはなれず、定年退職後、病気になって倒れてしまいました。しかし、それでよかった、充実した教師人生だったと語ってくれました。私は、この教師の生き方に、強く、強く影響されています。 (元小学校教諭・30 代男性)
  • 人は、自分が何かを成し遂げたり、成長したりしたときに最も大きな喜びを感じます。しかし、ある一定以上の経験を重ねると、自分のことと同じくらい、時としてそれ以上に、自分がかかわった他人の成長を、自分の喜びと重ね合わせることができるようになる。人間とはそんな生き物ではないかと、最近よく思うようになりました。管理職には、まさにそんな魅力があるのではないかと思うのです。 (鳥取県・元公立小学校教諭・40 代男性)

◆巻頭インタビュー
 苫野一徳(教育学者・哲学者) 「これからの教師と教育のあり方」

◆スペシャル座談会
 杉山史哲(教育事業家)&現場教員 「管理職の理想と現実、そして教師としての夢」

◆データでひもとく 管理職の実態とU-40世代教師がつくるこれからの学校 
 など


小学館

雑誌定期購読お問い合わせ画像使用・著作権小学館のプライバシーステートメント

© Shogakukan Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。"