今月号のココ読んで!

5月号の「教育技術」各誌の担当者が、ここは特に注目して欲しいというイチオシ企画をご紹介します。

「小一教育技術」 担当・福原

「小一教育技術」 担当・福原

個人的に演劇が大好きなのですが、俳優の西村雅彦さんが、初心者向けに演劇ワークショップを行っていると知って興味を持ち、今号でインタビューをさせていただきました。西村さんのワークショップで、一番重きを置いているのが、「言葉を伝える」ということ。ネットのコミュニケーションの感覚なのかもしれませんが、日常生活の中でも、「え、今なんて言ったの? 誰に言ってるの?」と思うことってありませんか? これは、テレビの現場でもよく起きていることなのだそうです。周りにいる人間は、どう反応すればよいのか、ちょっとストレスを感じますよね。

西村さんは、俳優として、言葉を確実に相手に伝えるための具体的な「技術」をとてもわかりやすく教えてくれました。とっても簡単な、たった3つのことを意識するだけで、舞台俳優のように話せるんですよ。これは、先生にとって、一生モノの技術になると思います! ぜひ誌面をご覧ください♪

小一教育技術
  • 小一教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「小二教育技術」 担当・塚本

「小二教育技術」 担当・塚本

「小二教育技術」5月号の大特集は、「小二の子どもを伸ばす“板書&ノート指導”」です。 この1年間で子どもの学力をUPさせるために、まずは「板書&ノート指導」について先生ご自身の方針をしっかりと固めておかねばなりません。 板書やノート指導の基本的な技術から国語・算数の実践事例まで、詳しく解説します。

特別企画は「“春の運動会”子どもに伝わる指導アイディア」。クラスがまとまりきっていない段階での行事を乗り越えるための、子どもの心に入る指導アイディアを紹介します。

春らんまんの学級づくり・授業づくりにお役立てください。

小二教育技術
  • 小二教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「小三教育技術」 担当・田口

「小三教育技術」 担当・田口

特集1は「自主学習ノートで自ら学ぶ、学び合う」です。小三は、自ら机に向かって勉強する姿勢を身に付けるのに、最も適した時期です。 子どもたちのインタビューでは、生き生きと学ぶ楽しさを知り、伸びていく姿が感じられ、頼もしく感じました。ご著書が人気の伊垣尚人先生に、その具体的アイディアをたくさんお聞きしましたので、お楽しみに。

 

また、多くの子どもたちが、この春初めて触れていく書写とリコーダーの“見える教材”も、便利です。ぜひダウンロードしてご活用ください。

小三教育技術
  • 小三教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「小四教育技術」 担当・阿部

「小四教育技術」 担当・阿部

今回の「シリーズ 子どもがハマるモノコトヒト」で取りあげるのは「ポケモン」です。ポケモンの初代ソフトが発売されたのは1996年のこと。21年も人気を得続けているゲームキャラクターなんですね。20代の先生方の中にも、「子どものときにハマってました」という方も少なくないと思います。そういう私自身、ポケモンはけっこう好きでして、そこそこ詳しいですよ。「子ども時代に遊んだ」のでなく、就職して子ども向け雑誌を担当していたときに、ポケモンの記事も担当していたから、というのが大きな理由です。

そんなポケモン愛もあり、今回の本連載企画では、ポケモンの教育的な面での魅力の一端にも触れています。それだけでなく、ポケモン新作ソフトのコアな情報も紹介していますので、子どもたちとのコミュニケーションにも役立つこと請け合いです。

もう一つの目玉企画は、菊池省三先生が実践して全国に広まった「ほめ言葉のシャワー」です。多くの先生が取りいれられていますが、うまく機能していない事例もたまに見受けられます。なにが足りないのか? どこがずれているのか? 「空回りしないほめ言葉指導」。こちらも必読です。

小四教育技術
  • 小四教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「小五教育技術」 担当・小林

「小五教育技術」 担当・小林

5月号の巻頭カラーページは、運動会の指導にもすぐ役立つ短距離走の指導法を取り上げました。ご指導いただいた永野佑一先生は、ハードル競技でアジアJr大会2位という輝かしい成績の持ち主。俊敏さを鍛えるウォーミングアップなど、より速く走れるようになるための高学年向きの練習法や走り方のコツを詳しくお教えいただきました。

また、特集1では、学級が軌道に乗ってくる5月の学級づくりのポイントを徹底特集! その他、話合い活動を活性化する「知識構成型ジグソー法」や、「春の集団宿泊活動」の指導法など、一学期中盤の学級づくりに役立つ情報が満載です。ぜひご覧ください!

小五教育技術
  • 小五教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「小六教育技術」 担当・白石

「小六教育技術」 担当・白石

私のライフワークの一つに、単行本「マンガでわかる」シリーズがあります。今号P12で広告している『マンガでわかる よのなかのルール』をはじめとして、奥付ページ右下の『マンガでわかる 魔法のほめ方PT(ペアレントトレーニング)』、奈良の土作彰先生のご著書『マンガでわかる学級崩壊予防の極意』など、いずれも少ない編集予算のもと、シナリオ執筆やネーム(マンガの下絵の前段階のコマ割り)作成を私自身が担当し(半ば趣味ですが)、手作りでコツコツと作り上げたような本ばかりで、編集者としての愛着もひとしおです。

じつは4月24日、そのシリーズの最新刊を刊行予定です。今号カラー口絵最終ページで告知している、『マンガでわかる おうちのルール』がそれ。『マンガでわかるよのなかのルール』の姉妹版で、サブタイトルは「小学校入学までに身に付けたい45の習慣」ですが、小学校低学年担任のお役にも立てる内容です。実際、既刊の「よのなかのルール」は、学級文庫に置いてくださっている先生方も多く、「自閉症スペクトラムの子ども達を伸ばすのに役立つ」との評価もいただいています。未就学のお子さんをお持ちの先生方はもちろん、低学年担任の先生方、ぜひお買い求めください。コンパクトで可愛らしい、秘密の宝物のような一冊に仕上がりました。

小六教育技術
  • 小六教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「総合教育技術」 担当・小笠原

「総合教育技術」担当・小笠原

5月号の最注目は、総力大特集「教師をアクティブ・ラーナーに変える校内研修」です。ついに新学習指導要領が告示され、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善が学校現場に求められることとなりました。そこで今月の総力大特集では、新しい時代の校内研修はいかにあるべきかを、秋田県教育委員会などの多様な先行事例から徹底的に考えました。

特集2は「『忙しすぎる学校』を変える3つの提言 学校こそ『働き方改革』を!」。国内の他の職業と比べても海外の教員と比べても、明らかに働き過ぎな日本の教員の実態を分析するとともに、ではどうすればいいのか?を、法的・教育行政、学校マネジメント、現場教師という3つの視点から考えます。

前号よりスタートした赤坂真二先生「『チーム学校』への挑戦」岩瀬直樹先生「学校教育 未来探訪2030」野口芳宏先生「本音・実感の教育不易論」を含む、本誌ならではの豪華強力連載も必読。

学校管理職はもちろん、すべての教育関係者に役立つ情報が満載の1冊、ぜひご一読ください。

総合教育技術
  • 総合教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「教育技術」最新号

小一教育技術
  • 小一教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)
小二教育技術
  • 小二教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)
小三教育技術
  • 小三教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)
小四教育技術
  • 小四教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)
小五教育技術
  • 小五教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)
小六教育技術
  • 小六教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)
総合教育技術
  • 総合教育技術 5月号
  • 4月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

バックナンバー

小学館

雑誌定期購読お問い合わせ画像使用・著作権小学館のプライバシーステートメント

© Shogakukan Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。"