今月の新刊ココ読んで!

中学校・高校教師 実務のすべて

中学校・高校教師 実務のすべて

  • 定価: 1,600円+税
  • 発売日: 2017年2月15日
  • 監修・執筆/宮崎猛
  • 監修・執筆/小泉博明

購入はこちら

ためし読み

見開き1項目、イラストや図表を多用することで、多くの先生方から大好評をいただいた「新任教師のしごと中学校・高校版」(小社刊・2012年)のコンセプトはそのままに、アクティブ・ラーニングの実現やいじめへの対応、スマホ指導など、学校現場の今日的課題を盛り込んで新しいかたちに生まれ変わったのが本書です。


内容は「学級経営編」「授業編」「新任教師編」の三部構成。中学校・高校教師ならではの実務を中心に、教師が教育現場で出会うさまざまな場面での疑問とその答えを見開きでコンパクトにまとめました。新任・若手教師はもちろん、彼らを指導する中堅・ベテラン教師まで、教育現場で起こるあらゆるシチュエーションに確実に対応していくための実践ノウハウが満載です。


●学級経営編

中学校・高校のクラス担任がやらなければならない仕事は膨大であり、多岐にわたります。新学期が始まったかと思えば、学校行事、保護者会、定期テストなどが続き、生活指導にも気を配らなければなりません。


さあ、あなたならどうする?

多忙の1年間をどう見通す?/学級開きに何をどう語る?/保護者への対応で困ったときは?/不登校がちの生徒への指導は?/いじめにどう対応する?


●授業編

教師の本業はなんといっても授業。とはいえ、教室にはさまざまな生徒がいて、理解度もまちまちです。また、「主体的・対話的で深い学びの実現」いわゆるアクティブ・ラーニングへの取り組みなど、新たな授業のあり方も模索していかなければなりません。


さあ、あなたならどうする?

指導計画・学習指導案はどうつくる?/アクティブ・ラーニングへの取り組みが不安/ICT機器はどう活用する?/授業力向上のために、何をすればいい?


●新任教師編

はじめて学校現場に出る新任教師たち。これから始まる教師生活への期待が高まる半面、未知の業務に対する不安も大きいことでしょう。日々の業務をこなしていくための時間の使い方は? 先輩・同僚との関係の築き方は? 教師としてのキャリア設計は?


さあ、あなたならどうする?

多忙で時間を効率的に使えない/校務分掌をうまくこなせるか不安/同僚・先輩とのつきあい方がわからない/教師を辞めたくなったときは?


すべての答え、アドバイスは本書の中にあります。

バックナンバー

小学館

雑誌定期購読お問い合わせ画像使用・著作権小学館のプライバシーステートメント

© Shogakukan Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。"