いまこそ安全!組体操~「高さ」から「広がり」へ!新技50~

組体操は、体育の集大成!
安全指導で、子どもたちに笑顔を

組体操の危険性がメディアなどで取り上げられています。でもこの問題の本質は、"指導"にあると、著者の戸田克さんは指摘します。

先生たちに、よりよい指導と安全確保の方法を知ってもらうために作られたのがこの本です。

いまこそ安全!組体操~「高さ」から「広がり」へ!新技50~
  • 定価:本体1,800円+税
  • 発売日:2016年7月15日

詳しくみる

ためし読み

「組体操が危ない」? 問題の本質は指導方法

昨年度来、組体操の安全性について、さまざまな議論がありました。その中で、組体操そのものが危険なのではという声も上がっています。でも、本当に問題なのは、先生たちが、組体操指導の方法をしっかり学ぶ機会がないこと。若手を指導する中間層の先生の比率が少ないので、若い先生たちが組体操指導の中心になると、見よう見まねで教えることになりかねません。

写真、イラスト、ビデオを使ってわかりやすく解説

この本では、そんな先生たちが、安全で効率的な指導ができるように、さまざまなノウハウを提供しています。本書の特徴は、技の紹介に加えて、指導のポイントを解説し、さらに写真やイラスト、動画を使って丁寧に説明していること。子どもたちが作り出した技も、たくさん紹介しています。

子どもたちが大好きな組体操。憧れの技ができる喜びや、仲間と技を作り上げる楽しさを味わってもらうためにこの教材を活用してください。みなさんの、すばらしい実践報告をお待ちしています。

目次

  1. はじめに
  2. 組体操を計画するにあたって
  3. 組体操指導チェックリスト
  4. 定番技で安全指導のポイント確認
  5. 組体操に華を添える技の指導法
  1. 技解説
  2. 隊形・移動で華を添える指導
  3. おやこくみたいそう (親子組体操)
  4. 子どもたちが主体的につくる組体操
  5. 作品

この本の推薦者

著者 戸田克さん

新刊紹介動画サイト「ウチノヨメ。」より

埼玉県川越市立大東西小学校。初任者の時、小学校時代の恩師に偶然会い、その縁でなわとび・組体操の研究を始める。仲間とともに埼玉県組体操協会を立ち上げ、「安全かつ効率的な指導で、子どもたちの笑顔を満開に」をモットーに、組体操教室や研究発表会、講習会などを中心に活動している。主な著書:『8時間でできる!組体操の指導法』『徹底解説 組体操 新しい技と指導の基礎基本』『マット運動の指導法』『5分間で跳べる!ダブルダッチの指導法』(小社刊)。
●埼玉県組体操協会HP
http://kumisaitama.jimdo.com/

教育技術8月号デジタル増刊

「『通知表』記入文例と書き方のポイント」1年~6年

7月5日リリース予定

「『通知表』記入文例と書き方のポイント」1年
「『通知表』記入文例と書き方のポイント」2年
「『通知表』記入文例と書き方のポイント」3年
「『通知表』記入文例と書き方のポイント」4年
「『通知表』記入文例と書き方のポイント」5年
「『通知表』記入文例と書き方のポイント」6年

「教育技術」定番企画の「通知表所見欄文例集」。昨年は、CD-ROM付き増刊号として7月初旬に刊行いたしました。相当な労力と時間をかけて記入していく通知表所見欄が、この増刊号の文例集のおかげでスイスイ仕上げられたと大好評でした。

今年もまた通知表の季節がやって参りました。昨年ご購入いただいた方は、そのままお使いいただけますが、昨年ご購入されなかった方で「今年こそは買うぞ!」という先生もいらっしゃると思います。

今年は、デジタル版で発行いたします。デジタル版のメリットは、ネット書店や教育技術アプリで購入して、すぐダウンロードして読めること。「忙しくて買い物に行く時間が無い!」「かといって通販で送られてくるのを待っていられない!」。そんな方には、デジタル版がおすすめです。どんなに売れ行き好調でも、品切れしません!

内容は、昨年度の8月号増刊とまったく同じものですので、昨年、雑誌の増刊号を購入された方はご注意ください。あわてて買って「昨年と同じじゃないか!」ということがないように。

紙の雑誌として購入したい方は、昨年度のバックナンバーがまだ販売中ですので、書店でご注文いただくか、小学館PS通販係(0120-494-656)でご購入いただけます(税込み1400円)。

紙の雑誌で読みたい人はご注文を。すぐ読みたい人はデジタル版購入をご検討ください。なお、デジタル版はCD-ROM付録なしで安めの価格設定(税込み1080円)でご提供いたします。

なお、デジタル版定期購読されている方は、定期購読セットのうちに含まれているので、別途購入する必要はありません。


「今年は、教育技術の増刊号はないの?」とご心配の方、安心してください! ハイでますよ! 7月15日発売予定で「史上最強のアクティブ・ラーニング読本 -AL授業&学級づくりを、本気で考える。-」を発売するべく、ただ今最後の編集作業に奮闘中です。赤坂真二先生、堀裕嗣先生、青山新吾先生、岩瀬直樹先生、片山敏郎先生の5人の編集委員による責任編集! こちらも大いにご期待ください(こちらの増刊号は、デジタル版定期購読に含まれません)。定価1400円。この増刊号はデジタル版では出ませんので、品切れ注意報です。ご購入予定の方は、予約を強くおすすめします。(担当: 阿部)

バックナンバー

小学館

雑誌定期購読お問い合わせ画像使用・著作権小学館のプライバシーステートメント

© Shogakukan Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。"