今月号のココ読んで!

6月号の「教育技術」各誌の担当者が、ここは特に注目して欲しいというイチオシ企画をご紹介します。

「小一教育技術」 担当・福原

「小一教育技術」 担当・福原

あたたかくなってきましたね。虫の季節の到来です。正直、私は虫が嫌いです。

でも、親としては、子どもを自然豊かな場所で遊ばせてあげたいと思う気持ちもあり、虫嫌いを克服したいと思ってきました。最近は、そんな悩みを持つ先生も多いと聞き、今号では、「ホンマでっか!?TV」でもおなじみ、池田清彦教授にインタビューをさせていただきました。

池田教授は、ニコニコしながら「虫嫌い克服のためには、昆虫採集がいいんだよ」とおっしゃいます。嫌いだから避ける→排除しているものを見ると怖い、というサイクルは、恐怖感を増長させるだけなのです。この記事を読んでいただくと、人が虫嫌いになっていくプロセスがよくわかると思います。

今年の夏は、少しずつ虫に近づいてみようと思います。

小一教育技術
  • 小一教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「小二教育技術」 担当・塚本

「小二教育技術」 担当・塚本

「小二教育技術」6月号の大特集は、「“国・算・生・音・図・体・道徳”はどう変わる?“新学習指導要領”小二の改訂ポイント」です。

3月末に「新学習指導要領」が告示されましたが、小二の授業づくりは、現行からどのように変えていけばよいのでしょうか。各教科の教科調査官に具体的な改訂ポイントをお聞きしています。

特別企画1は、「“6月の荒れ”を未然に防ぐ“学級づくり・授業づくり”」です。GW明けは新年度の緊張も解け、落ち着かなくなる子どももちらほら。ここでクラスをしっかり整えておくために、どのように取り組めばよいのでしょうか。ベテラン教師の知恵を紹介します。

特別企画2は、「“プール”を楽しむ指導アイディア」。低学年の子どもを水に慣れさせて楽しませる、プール指導のアイディアを、全国各地の先生方から集めます。

盛りだくさんの6月号を是非ご一読いただき、子どもたちと楽しい時間をお過ごしください。

小二教育技術
  • 小二教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「小三教育技術」 担当・田口

「小三教育技術」 担当・田口

特集1「いじめ」についてです。とても重いテーマですが、多賀一郎先生、木村泰子先生から貴重なお話をいただけました。いじめに関する悲しいニュースが後を絶ちませんが、担任教師の役割について大切な示唆をいただきました。

また、連載「教師の小骨物語」では、実体験をお話してくださる先生を随時募集しています。 ほろ苦い思い出や、現在の悩みをシェアしたい方、編集部アドレスまでご連絡ください。(個人情報は伏せ、実際のお話とは異なる物語に創作します。)

shkyoiku@shogakukan.co.jp 件名:小三編集部宛 お待ちしております。

小三教育技術
  • 小三教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「小四教育技術」 担当・阿部

「小四教育技術」 担当・阿部

私は男なので、女性のファッションには正直いうと疎いです。ましてや小学生の女の子のファッションについて考えたことは、これまでほとんどありません。しかし、四年生ともなれば、もうファッション誌を購入して読む年齢なんですね。今月号では、女子小学生ファッションリーダーの代名詞ともいえる「ニコ☆プチ」の編集長に突撃取材して、小学生のファッションに対する接し方についてお話を伺ってきました。女の子がファッションに興味をもつということは、自分を高めたいという意識の表れでもあり、成長のステップのひとつでもあるのです。特に男性教員の方にお読みいただきたい記事です。

また、前回好評につき第2回を掲載する「特選授業レポート」は、説明文を論理的に読解する授業実践を誌上レポートしています。授業者は、筑波大学附属小学校の桂聖先生です。音読指導の中で「動作読み」を授業の冒頭に実践していますが、これがとても素晴らしい実践で、見学させていただき感動いたしました。

小四教育技術
  • 小四教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「小五教育技術」 担当・小林

「小五教育技術」 担当・小林

新学習指導要領も告示となり、2020年の完全実施に向けて学校現場でも準備が進められていることと思います。それに関連し、今号の巻頭ページでは、「教育の今までとこれから」と題し、これからの教育のありかたについて鈴木寛先生・隂山英男先生・菊池省三先生のお三方に語り合っていただいた鼎談を掲載しました。先の見えない時代で不安を感じることも多い世の中ですが、新しい教育体制の中で何を大切にし、どのように行っていけばよいのか、貴重なご意見をお伺いしています。

また、特集ページのほうでは、学級の荒れが目立ち始める6月の時期に合わせ、学級を活性化するアイディアや、五年生の子どものソーシャルスキルの磨き方教師の言葉がけやかかわり方などをたっぷりご紹介しています。他、対話力を伸ばす指導法、いじめを防ぐ道徳授業実践例など、今号も充実の内容です!ぜひご一読ください。

小五教育技術
  • 小五教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「小六教育技術」 担当・白石

「小六教育技術」 担当・白石

編集者の大切な仕事の一つに、「人と人とをつなぐ」ことがあると考えています。そういう意味で、今号の巻頭カラー対談企画は、編集者冥利に尽きる仕事でした。

福岡県市民教育賞まで受賞されながら、子ども達のために己の信じる実践を貫いて退職に至られた菊池省三先生と、大阪市の指導主事から学力調査の過去問の実施状況を聞かれ、「1秒もやっていない」と答え続けた(P4)木村泰子先生「戦い続ける実践者」お二方は、なんと今回が初対面。にもかかわらず大いに意気投合され、今号の誌面に収まりきらなかった「本音トーク」は、予想以上に盛り上がりました。

お二方とも楽しさのあまり、「ぜひまたやりましょう!」とおっしゃっていただきましたので、今後、あと数回の本音対談を経て、来年3月には単行本としてリリースするつもりでおります。お二方のライフヒストリーを踏まえた上で、日本の教育に「本気の問い」を突きつけ、本質的な転換を促す提案に満ちた一冊になると思います。

どうぞ、大いにご期待ください!     

小六教育技術
  • 小六教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「総合教育技術」 担当・川辺

「総合教育技術」担当・川辺

今号の目玉は、新学習指導要領の内容を51ページにわたって詳報する総力大特集! 小中学校の教科別・領域別のポイントを各担当教科調査官が解説するとともに、新旧の学習指導要領を徹底比較し、何が変わったのかを明確にして、これからの時代に求められる学校教育の姿を浮き彫りにします。

巻頭特別対談では、3月25日に弊社で行われた陰山英男先生と菊池省三先生のトークセッションを採録。新学習指導要領時代に教師の力量形成はいかにあるべきかを熱く語り合います。筆致にますます磨きがかかる赤坂真二先生、岩瀬直樹先生、野口芳宏先生、堀田龍也先生、多賀一郎先生、桂聖先生、SSWの野中勝治さん、菊池省三先生、佐藤学先生の豪華強力9大連載も必読です!!

総合教育技術
  • 総合教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

購入はこちら

ためし読み

「教育技術」最新号

小一教育技術
  • 小一教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)
小二教育技術
  • 小二教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)
小三教育技術
  • 小三教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)
小四教育技術
  • 小四教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)
小五教育技術
  • 小五教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)
小六教育技術
  • 小六教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)
総合教育技術
  • 総合教育技術 6月号
  • 5月15日発売
  • 定価:1,080円(税込)

バックナンバー

小学館

雑誌定期購読お問い合わせ画像使用・著作権小学館のプライバシーステートメント

© Shogakukan Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。"